共用問題
サービス及びサポート

亚博体育手机app下载

1、永久磁性体は永久磁気を有する理由は?永久磁気は永久運動機関という意味か?

永久磁性体は永久磁気を有する理由は、簡単に言うと、以下の科学法則に基づくことである:空間に永久磁場を維持するのはエネルギーを消費しなく、空間の磁場の大きさ及び方向を変更するのはエネルギーを消費する------外界からエネルギーを入力し、それとも外界にエネルギーを出力する。この法則はマクスウェル(Maxwell)方程式グループで証明される。永久磁性体は永久磁気を有するのはエネルギー保存の法則と一致し、永久運動機関との関係がない。


 

永久磁性体は永久磁気を有する実際例は、古い天然磁石であり、古い天然の磁石は地球において年齢が数億年に達し、新しい磁石の年齢は少なくとも数千年に達する。同じ位置に二度以上の溶岩動きがなければ、天然磁石の永久磁場の示した地磁気構造の証拠はほとんど永遠に変わらないものとなる。

2、デバイスのサイズがいくつかのセンチメートル以下に制限されると、焼結Nd-Fe-B永久磁性体を使用してより強い磁場を取得する理由は?

永久磁性体の強さは磁気モーメントパラメータによって判断され、磁気モーメントの数値は通常にヘルムホルツコイルで測定される。101010 mmのSANMAG-N48M焼結Nd-Fe-B永久磁性体の磁気モーメントは142.0 Wbcmに達し、アンペア法則によって、該磁性体の等効率電流は11.3 kAである。つまり、サイズ同様の焼結Nd-Fe-B永久磁性体と同じな遠区磁場強度を有するためには約11.3 kA電流を載せる101010mmの方形ワイヤが必要とする。このため、多くの場合、焼結Nd-Fe-B永久磁性体の使用は電磁石よりよく、特に電磁石を使用できない小型強磁場デバイスに適用する。

3、電機に用いる放射配向の焼結Nd-Fe-B永久磁性環はどんな優位を有するか?
我々は高性能のSANMAG系焼結Nd-Fe-B永久磁性体の放射配向環を提供する。図は16極磁化の放射配向環のFEM分析結果である。16個の単一配向付きの瓦状磁性体のつなぎあわせた環より、放射配向環は以下の優位を有する。

(1)放射配向環の磁気ベクトルが完全に径方向に沿い、接線方向の磁束分散量がない。このため、同様残留磁気の放射配向環で作られた電機の空隙磁場は、複数の単一配向付きの瓦状磁性体のつなぎあわせた環で作られた電機より高い。

(2)放射配向環で作られた電機の空隙磁場は接線方向の磁束分散量がなく、分散磁場がほとんどゼロとなるため、永久磁気電機の出力特性の波形制御、及び電機の排熱、雑音、振動などに有害指標の制御に有益である。

(3)放射配向環は更に複数の単一配向付きの瓦状磁性体のつなぎあわせた環の隙間がなく、複数の単一配向付きの瓦状磁性体の幾何公差に起因する磁気モーメント不均一という問題がなく、電機の空隙磁場の均一性が非常に高い。

(4)放射配向環の取付けは簡単で、取付け位置決めの精度が高く、取付けずれ率が低く、大量自動化の組み立て作業の実現に利便性があり、このため、著しく永久磁気電機の製造コスト、品質コスト及び管理コストを低減させる。
 

ホームページ

Copyright©2014-2020 SANHUAN LUCKY | 津 ICP05009204号    


DESIGN BY DOOPAA

收缩

連絡先

  点击刷新验证码